2015年05月07日

郷土の歴史と文化と生活

001ふるさと再発見.bmp

郷土の歴史と文化と生活

帝京大学医療技術学部福岡キャンパスはわが街にあります。理学療法学科、作業療法学科、看護学科、診療放射線学科、医療技術の五学科を持っている大学です。
 この大学のカリキュラムにユニークな講座があります。それは、「郷土の歴史と文化と生活」です。
大学のメッセージには、次のように述べてありました。「明治維新以来日本の近代化に貢献してきた大牟田固有の産業・文化を知ることは、広く日本全体のみならず世界の近代化の趨勢を知ることであります。大牟田という一地方都市は、近代化の諸概念が凝集された小宇宙(ミクロ・コスモス)であり、この小宇宙について深く知ることこそが広く大宇宙(マクロ・コスモス)に連なる道であると言えるでしょう。この授業を通じて地域への関心を高め、みなさんの視野を世界に広げてください。」
また、授業の概要として
【「地域学の視点から、広く日本の生活・文化と関連付けながら、大牟田の歴史・文化・生活を考える。日本最大の炭鉱「三池炭鉱」が日本の近代化に果たした役割を背景に、日本の文化、生活習慣などがどのようにして創られ定着していったかを学ぶとともに、人間生活の重要な要素である地域コミュニティの現状と、そこに見られる特色や生活の実相を理解する。また、大牟田を様々な角度から解説し、フィール・ドワーク等をとおして実際にその生活と文化に触れることにより地域全体の理解を深める。さらにこれらの学習をもとに医療技術者の視点から大牟田を中心とした県南部地域の将来を展望する。】

引用が長くなりましたが、今日が第5回目で、先輩が発行した
「ふるさと散歩〜大牟田再発見〜」の中から12編を紹介していただきました。
@黒船(イギリス船)来船 A三池山つがに伝説 B岩本の長者岩 C海苔漁業 
D市庁舎 E黒崎御茶屋跡 F早鐘眼鏡橋 G高田行宮跡 H三池陣屋橋
 I三池典太屋敷跡 J普光寺 K大蛇山

 先輩の講義はいつもならばユニークでユーモアたっぷりに話をされる方なのですが、350人の若い瞳にから見られたのが眩しかったのか、かなり緊張されていたようでした。
 100分間での紹介でしたので、駆け足ではありましたが、連休明けの350人の学生さんが大講義室で熱心に資料に目をやりながら聞き入っており、私自身も聴講しアッという間に終わりました。
 講義ご苦労様でした。


posted by ムッチー at 16:49| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

大藤まつり

大藤まつり.bmp

大藤まつり

 3月末の桜の花見から始まり、少しずつ時期をずらして、ツツジ園、シャクナゲ園、藤の花まつり、バラ園、花菖蒲園、アジサイ園・・・・と、車で一走りすると半日あれば観ることができます。
 ゴールデンウイークは若い人たちや小さい子どもの家族が楽しむ日で、高齢者は庭いじり程度が似合っています。
 今日は午後から雨でしかもウィークデーなので空いていると思い、中山の大藤まつりを覗くと、藤棚の下はギッシリでびっくりしました。フジの花の甘い香りもさることながら露店の焼き鳥の匂いが漂って風下に席を陣取っている人には気の毒です。


蕗.bmpDSC_5958ふき.bmp



大溝横の土手にフキが一面に広がっています。この一帯は草刈りをしないでいますので、年々フキが広がっているような気がします。周辺の草を刈ると余計に蕗の葉が目立ってきました。近づいてみると茎も太くなっているようなので食用に採ってきました。
 ゴミを洗い流し、塩を入れサッと茹で皮を剥きます。適当な長さに切りそろえ、ダシをいれ薄味で食べることにしました。あおあおしい独特の風味とほろ苦さは春の味です。
 八百屋さんを覗くと一束100円〜120円程度で、「今日は、蕗を500円分くらい採ったのではなかろうか」と何となく得をしたような気持になりました。

posted by ムッチー at 16:51| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

山田の藤

DSC_5898藤の花.bmpDSC_5878バラ.bmp

山田の藤

 今が藤の花の盛りです。近郊では、黒木の藤(八女市)、中山の藤(柳川市)、それに山田の藤(玉名市)が有名です。
 団地高齢者ふれあいサロンでは、4月は花見の一日バスハイクが恒例となっています。
 有明浄水場の見学の後、バラとフジの花見をしました。バラは露地植えは時期が早かったので、温室でバラを育ててあるところを見せてもらいました。山田の藤は、ちょうど見頃でフジ祭りが開催され、露店もありました。火曜日なのに観光客でいっぱいで、フジの香りが漂いいい匂いに酔いしれていました。



組織離れ

 我が団地公民館の加入率は62%です。だんだん加入率が低下しているような気がしています。これは、地域組織だけでなく、退職者の様々な会も加入を拒否する方が出てきています。私の年齢では、考えられない傾向です。未加入の理由は「退職してまでも組織に縛られたくない。」「いろいろな世話が煩わしい。」など「日常の生活に困らないから」という理由のようです。
 「団地公民館加入のチラシ」の作成を依頼され、町内会加入促進の参考資料を探していると同じような苦しみは随所にあり、わが団地の実情に合う資料を作成の参考にさせていただきました。
posted by ムッチー at 21:48| 福岡 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

桜とツツジ

DSC_5820都市ガスセンター.bmpDSC_5812日輪寺.bmp

桜とツツジ

 今日は、県知事・県議選挙の投票日でした。午後から投票のついでにツツジと八重桜の花を見に行きました。山鹿市にある日輪寺の山はツツジで有名です。まだ、ヨドガワは開花にはもう少し期間が必要のようでした。
 また、車で5分ほど行くと都市ガスセンターがあり、そこの敷地には、日本のあらゆる種類の桜が植えてあります。現在は八重桜が満開でした。


団地公民館定期総会


 今日は、定期総会で、ここ数年、万年議長です。
総会資料によると、団地の高齢化率(65歳以上)は45.7%(市の高齢化率は32.4%)とあり、少子高齢化の諸課題がそのまま団地の課題でもありました。公民館の加入率は62%、空家問題も7%と深刻です。高齢者にやさしい公民館づくりに館長さん一同頑張っておられる様子が伝わってきました。
posted by ムッチー at 22:20| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

タケノコ堀り

004タケノコ.bmp007タケノコ.bmp

タケノコ堀り

 例年ならば、4月8日であれば、もう2〜3回タケノコ堀りをしていたはずですが、今年は今日が第1回目です。理由は二つあります。一つ目は、今年は不作の年で例年の3割とも4割とも言われ、市場でも少なく値段も高いようです。気候不順で今年はなかなかタケノコが立たなかったようです。
 二つ目は、体力の問題です。高齢化はタケノコ山にまで押し寄せてきました。友人のタケノコ山には楽しみの一環としてタケノコを取りに行っていたのですが、その周りのタケノコ山は売るために管理されていました。ところが高齢になるとその管理も行き届かなくなってきたようです。私も年々タケノコを掘るのがきつくなってきました。友人とあと何年堀りに行けるだろうかと言いながら掘り、茹で上げると夕方になっていました。

008武雄図書館.bmp
沸騰!図書館

佐賀県は武雄市、私は3〜4回この武雄市立図書館を訪れています。市立図書館の中にスターバックスのある市立図書館として有名ですので、一回は行ってみようと思っていて観光旅行のついでに立ち寄ったのが一回目でした。この市立図書館の発案者は、若い市長の樋渡 啓祐(ひわたし けいすけ )さんでした。
現在は、市長を辞め、県知事選に立候補しましたが、落選!!
この型破りな市立図書館の立ち上げの奮闘記を新書版にまとめ上げています。これからの取り組みの参考にしたい本でもあります。

posted by ムッチー at 23:16| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

花見

並木.bmp桜.bmp

花見

 花見といえば桜と相場が決まっています。わざわざ「桜の花見」とは言わないですね。
 桜が開花して、急に雨が降ったりでゆっくり花見をする予定が立ちません。暇なときは雨が降り、忙しいとき晴れたりで、花見はいつも天気予報を見てやきもきしています。特に花見の幹事を引き受けているとなおさらです。
 市内が一望できる甘木山に行きましたが、「花曇り」がひどく、有明海も見えませんでした。山を下りて5分もすると隣市にある「ニコニコのり」の工場の桜並木を見に行きました。入り口からズラリと吉野さくらとしだれ桜がそれぞれ1列に並べて植えてあります。
 わざわざ写真を撮りに来ておられる方もおられました。

うたの花がたみ.bmp
 
「うたの花筐」 著 橋本信男  発行 有明新報社

 分厚く重たい冊子が郵便物として届きました。地元新聞に紹介してあった本でした。著者は地元の小学校教師をされていた多才な方です。「うたの花筐」と題した80歳を迎えた記念の人生そのものでした。255ページの大作です。
第1章 わがふるさと(文) 第2章 二つの校歌(作詞)
第3章 詩(11編) 第4章 俳句(60首)
第5章 短歌(42首) 第6章 童話(340話)
第7章 その他 論説等  第8章 洋画(油彩24点)
特に、童話は、子どもが読めるように大きな文字で書かれていて学校の図書館に寄贈されたと聞いています。
posted by ムッチー at 15:52| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

タラの芽

DSC_5763タラの芽.bmp

タラの芽

 昨日、矢部村へ友人を迎えに行くという口実をつけて乗用車2台連ねて同期生とともにドライブを楽しみました。今年の矢部のダム周辺は、桜の開花はまだでしたが、久しぶりに、道中の会話に花が咲きました。春を食べる話題で、フキノトウ、菜の花などともにタラの芽の話となり、我が家にもタラの芽は採れることを忘れていました。早速今朝 山に登ってみると先客があったと見えてほとんどなくなっていて、残っているのは、葉っぱが大きくなりすぎているものばかりでした。


008展示会.bmp
007講演会.bmp


「絵本作りの裏話」絵本作家 内田麟太郎講演会

三池カルタ館で「カルタで楽しむ絵本の世界」展が開催されています。
その一環として、内田麟太郎作の「わらうだいじゃやま」の原画、「だしゃれゆうえんち」いろはがるたの原画も展示されています。
 絵本の原画は何回も見ていますが、カルタの絵札の原画を見るのははじめてでした。
 講演は「絵本作りの裏話」で、文を作る人と絵をかく人とのやり取りは、それぞれの持ち味をどのように生かしていくか、それも、現在作りつつある本で、本年末に発売を目途としている本の下書き等を見せながらの話で興味深い内容でした。
posted by ムッチー at 17:28| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

三池を抱きしめる女たち

003三池.bmp

三池を抱きしめる女たち
〜戦後最大の炭鉱事故から50年〜

 今日、文化会館で、番組の上映とディレクターの講演があることを知り、テレビを観ていなかったので行ってみました。
 この番組は、一昨年に放送された、NHK・ETV特集『三池を抱きしめる女たち〜最大の炭鉱事故から50年』が、「放送文化基金賞」最優秀賞、「地方の時代映像祭」選奨を受賞していました。
 その受賞報告と作品上映の後、この作品のディレクター・熊谷博子さんによる記念講演がありました。
  三井三池炭鉱で、死者458人、CO中毒患者839人を出す、炭じん爆発事故で、今年、その日から50年目を迎えています。だがCO中毒の後遺症に苦しむ夫を抱えた妻たちにとっては、何も終わっていないのです。この半世紀、妻たちの目を通して、夫、子ども、事故を抱きしめて生きてきた女性たちの50年を通して描いていました。
 世界遺産登録へと進んでいる現状で、改めて炭鉱事故その後をもう一度振り返ることが大切なことだと思いながら帰りました。


DSC朗読.bmpDSC_5742参加者.bmp

内田博詩碑前観桜会

 今日は、好天気に恵まれました。11時開会の準備のため9時には諏訪公園へ行き、会場設営をしました。

マスコミ等の記事も手伝って、予想以上の参加者があり、50部近く開催要項等を準備していましたが、足らなくなり、スタッフのものを配る始末でした。
 献詩では、内田博作、悲しき幻覚、幼子に、内田麟太郎作 ぼくに をドロシーみきこさんのバイオリン伴奏に乗せて、龍芳枝による朗読が会場を盛り上げました。
 文芸家を顕彰する方法はいろいろあると思いますが、碑の前での顕彰活動は趣があり、企画する方も楽しくなります。

span>
posted by ムッチー at 21:40| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

観桜会

006観桜会.bmp

観桜会

大牟田近代文芸家顕彰会が主催して内田博前観桜会を開催することになりました。諏訪公園の桜の木はあまり大きくはありませんが 第1回目です。諏訪公園の郷土の丘で、午前11時から開きます。
posted by ムッチー at 09:28| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

柿原崇志さん 恩賜賞・日本芸術院賞を受賞 おめでとう

001恩賜賞.bmp

柿原崇志さん 恩賜賞・日本芸術院賞を受賞 おめでとう


大牟田北高等学校第11回卒業の同期生 柿原崇志さんが恩賜賞・日本芸術院賞に選ばれました。
 柿原君は、能楽師囃子方として多年にわたり能楽の振興発展と継承者育成に寄与した業績によるものです。
 高校時代に自転車で通学していましたが、自転車のハンドルを手で鼓の打つリズムを練習しながら通学していた光景を思い出します。
 5月24日の同期会「いい会」奈良大会では、朗報を報告し、みんなで慶びを分かち合うことができます。

本当におめでとうございました。
posted by ムッチー at 09:09| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

ホウ酸団子づくり(団地ふれあいサロン)

IMG_4579ホウ酸団子.bmp

ふれあいサロン

 火曜日は団地ふれあいサロンの日で、今日のメニューは、ホウ酸団子作りです。年に2回ゴキブリが出ないように作ります。玉ねぎをピューレ状にミキサーで砕き、ホウ酸を入れます。ペットボトルの蓋に小分けすれば出来上がりです。生玉ねぎなので涙が出ますが、一時的です。その前後はおしゃべりの時間で、今までの活動の記録の写真をプロジェクターで拡大して、スライドショウで楽しみました。
それに、昭和53年(37年前)の第29回NHK紅白歌合戦(山川静夫、森光子の司会)のビデオで楽しみました。
posted by ムッチー at 14:51| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

わくわく子どもまつりinてがま

IMG帽子.bmp

わくわく子どもまつりinてがま

 ようやくパソコンの初期化が終わりました。受け取ったものの初期化のため、新品を買った状態なのでネットにつないだりセキュリティーをかけたりは、サポートセンターに長時間電話を掛けながら四苦八苦して少しは動かすことができる状態になりました。この数日間メールが届いていたにもかかわらず返信もできなく申し訳ありませんでした。

 日曜日は、大牟田の端のにある手鎌地区公民館で子どもの居場所等連絡協議会主催の「わくわく子どもまつり」が開催されました。当日だけは、温かくポスポカ陽気で子どもたちや保護者がワンサと来られ、聞くところによると1000人近くの来場者だったそうです。昼食も合間を見て交代でするほど、次々と来られました。私たちは「新聞紙で作る、メキシカン・カウボーイハット」コーナーです。子どももですが、親のほうが熱心に折り方の練習をされる光景も見られました。昔懐かしい綿菓子、ポップコーンなどもあり食べ物のところは行列ができていました。


011コンサート.bmpIMG_4577朗読.jpg


音楽と朗読のチャリティーコンサート

 午後からは、「Yosheの小部屋」主催でコンサートがありました。もう16回目となります。東日本大震災支援を兼ねています。被災地の子ども80人の作文集「つなみ」の中から6篇を大牟田の子どもたちが朗読しました。龍芳枝さんの絵本朗読「まつぼっくりちゃんありがとうをチカラに」。池田章子さんのピアノ演奏「月光」、チェロ・ピアノ・バイオリンの演奏…と多彩なコンサートでした。
 午前中の子どもまつりの疲れで、「月光」のピアノのメロディーを聞きながらこっくりと頭を下げさせました。
 31日の内田博碑前観桜会では、龍芳枝さんとドロシーみきこさんに、再度出演していただく予定にしています。
posted by ムッチー at 15:48| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

パソコン不調

002.bmpパソコン.bmp

パソコン不調

ハードディスクの空き容量不足で、私の知識では、どのようにしても回復できず、もがくともがくほど、不調になりアリ地獄に入ってしまいました。

 お助けマンにお願いしなければなりません。

 修理に時間がかかりそうですのでブログはしばらく休む事になりそうです。
posted by ムッチー at 23:03| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

「我が街の学校数の変化」についての基礎資料集め

005.bmp児童生徒数.bmp
全国の児童生徒数の変化 昭和33年〜平成30年
002.bmp児童生徒数.bmp
我が街の児童生徒数の変化 平成元年〜平成12年

「我が街の学校数の変化」についての基礎資料集め

 少子高齢化、人口減少、炭鉱閉山、シャッター街・・・・暗い話題ばかりが続きます。我が街の人口は22万人を超えていましたが、現在は12万人、2040年は予測として7万人とあります。それにつれて学校の児童生徒数も減っていきます。
 必然的に、学校統廃合問題が表面化し、市としても「学校適正規模・適正配置計画」が作成されました。それに従って年次計画で学校の統廃合が進められています。
 しかし、地域によっては、「文化の中心的な役割を果たしている学校もあり、学校がなくなれば、地域も衰退する恐れ」もあるという意見も出ています。
 「学校数の変化について話をしてくれないか」と依頼され、単に「子どもの数が減ったので学校が減っていくのは当然だ。」という前提ではすまされないのではなかろうかという思いから、まずは基礎的なことから資料を集めることにしました。
 国の統計を見ますと、昭和33年度がピークに昭和57年度の山があり、平成31年度の見込みは、ピーク時から50%減となっていました。
posted by ムッチー at 16:30| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

内田麟太郎講演会in大牟田

IMG_4558.bmp麟太郎講演会.bmp

内田麟太郎講演会in大牟田
演題「近刊絵本のウラ話」
3月31日31日(火)午後2時、カルタックス大牟田

 昨年末に2ヶ月間「ともだちや絵本ギャラリー」の開催を終えてその総括をやっているところなのに時間ばかり遠慮なく過ぎていっています。今後の取り組みをどのようにやっていくかと思案中に、三池カルタ館では、「絵本&カルタ原画展」と「近刊絵本のウラ話」と題して講演会をしていただきます。参加料は無料ですが、会場の都合もあり要予約となっているようです。


DSC_5615.bmp贈呈式.bmp

雑巾・紅白玉贈呈式

 団地ふれあいサロンは、高齢者の集まりで会員30名の構成です。毎月の火曜日3回をサロン集まり日と決めて、季節に応じた行事や映画観賞、ワークショップを通して楽しいひとときを過ごしています。3月はお雛様なので、ひな壇飾りに、折り紙のお雛様づくり、お雛様の歌を思い出し、白酒を味わい、ばら寿司で会食しました。その間、暇ヒマに作った雑巾100枚、紅白玉200個を小学校に贈呈しました。小学校も全校生徒が集まる6年生を送る会を利用して全校で贈呈式を開催してくれました。高齢者の方は「久しぶりの小学校、曾孫が通学している」などと積極的に贈呈式に出席していただきました。 
posted by ムッチー at 15:59| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

臥龍梅

DSC_5602.bmp臥龍梅.bmpDSC_5604.bmpしだれ梅.bmpDSC_5596.bmpメジロ.bmp

臥龍梅(大牟田 普光寺)

 今日は昨日と打って変わってポカポカ陽気になりました。草木萌え動く頃と言われますが、草木だけでなく、人間様も部屋の中にジッとしているのはもったいないくらいの天気です。庭や山裾の芽吹きを楽しむのはいいのですが、芽吹いたら困るところまで勢いが増し、草取りをしなければならなくなりました。NHKお昼のローカルニュースで臥龍梅の中継がされていました。孫からの電話もあり、チョット覗くことにしました。夕方からは民放でも中継放送がされていました。
 以前は臥龍梅だけが見事で他は寂しかったのですが、現在は、紅梅・白梅・しだれ梅など200本以上が植えられています。これも、元同僚であった住職の熱心な植樹で見事な梅園に出来上がっています。
 「梅にウグイス」といいますが、普光寺の梅も我が家の梅にも沢山のメジロがやってきています。 
posted by ムッチー at 17:06| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

子どもの居場所

007.bmp子どもの居場所.bmp

子どもの居場所

 「子どもの居場所をワザワザ作らねばならないところに問題がある。」と大上段に振りかざして論議してもなかなか問題は解決しないのです。手っ取り早く何かやらねばならないので、市の地域コュニティー推進課青少年担当係がやっている推進事業「子どもの居場所づくり運営費補助金」の交付を受けて月に一回開催しています。
 12月は、モチつき大会と凧作りをしたのですが、雨のため凧は作っただけで揚げる楽しみは出来ませんでした。凧を持ち帰っても学校の運動場以外では危険で揚げるところがありません。
 2月の第4土曜日の今日、1月がインフルエンザで中止していた為でしょうか、子どもと大人で40人程度と多く参加しました。今日のメニューは盛りだくさんでした。
 鬼ごっこは、鬼さえ決めてやれば、勝手に遊びますので着ていたコートを次々と脱いで走り回っています。
 縄跳びは、誕生日が同じ月の子ども達のグループを6グループ作り、一人ずつ50回飛ぶのを楽しみました。
 ドッチボールは、子ども達なりの思いやりが出たゲームで楽しみ、最後に残った子どもに「逃げ足が速かったで賞」メダルを首にぶら下げ、抱き上げ褒め称えました。
 ビンゴゲームは、大人も子どもも平等に楽しむ事が出来ます。
 宝くじグループは、おにぎりのネタの好きなグループを作りました。子どもが一番好きなおにぎりのネタは「エビマヨ」でビックリしました。
 最後は、ボランティア団体から竹とんぼを沢山貰っていたので、お土産に渡しました。
posted by ムッチー at 15:38| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

鳥越俊太郎さん


紅梅.bmp005.しだれ.bmp003駐車場.bmp002.bmp白梅.bmp002鳥越俊太郎.jpg

我が家の梅の花

 我が家には6本の小さい梅の木があります。そのうち4本が咲き、早く咲いた紅梅は盛りが過ぎようとしています。
残りの2本は、やっとチラホラ咲き始めています。


鳥越俊太郎さん

 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは、直接会った事はありませんが、説得力のある魅力的な人だと何時も思っています。
 2月3日、「朝日 健康・医療フォーラム」で基調講演の内容が新聞に掲載されていました。鳥越俊太郎氏病歴は、50代で痛風、尿管結石、60代で耳鳴り、メニエール病、大腸ガン、肺がん、肝臓ガン、腰部脊柱管狭窄症と次々と発症し、治療の連続です。それでも70代でホノルルマラソンを完走され、可能な限り仕事をされています。
 特に、老化と心の年齢、下半身の老いについて強調されていました。
いろいろなものに好奇心を持って老化曲線をゆるやかに、下半身の強化で老化の先延ばしを、治らない病との上手な付き合い、・・・・
 読んでいくうちに、自分の今後の生き方を示唆している様な気分になってきました。

posted by ムッチー at 10:32| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

童話「」ねこの手かします 〜ねこじたのまき〜

003ねこの手.bmp

童話「ねこの手かします 〜ねこじたのまき〜」
内田麟太郎・作 川端理絵・絵

 ねこの手シリーズは、2008年6月に初版が出て今回で5冊目となります。
「きっ手でもいい、まごの手でもいい、ねこの手でもいい、だれかかしてくれー。」
 事件を解決できない警察署長さん。ねこの手をかしてくれるお店「ねこの手や」があります。「ねこの手もかりたい」ほどこまっている人を、ほんもののねこの手が助けてくれるおはなしなのです。
 切羽詰まったとき、「ねこの手」が出て来ます。それも「ねこの手」だけがスポッと抜けて出てくるので、何時も鮮やかに解決してくれます。水戸黄門の助さん角さんのような手なのです。水戸黄門のドラマも残りの15分程になると大活躍です。「ねこの手」もどのような解決の仕方で登場するかをドキドキしながらページをめくる手が早くなってきます。

posted by ムッチー at 10:00| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

絵本「いいこ ねんね」

いいこねんね.bmp

絵本「いいこ ねんね」
 内田麟太郎・ぶん   長谷川義文・え

さるの かあさん うたいます
いいこ ねんね
いいこ ねんね
・・・・・・・
という具合に「文」というより「詩」のように、読みながら自分流に抑揚をつけたり、曲を口ずさみながら読んでいきます。
登場するのは、さる いぬ ねこ おかあさん です。
表紙のお母さんの暖かい手の温もりを感じながら安心しきって すやすやとねむる子どもが 長谷川義文さんの絵がホノボノと表現してくれています。

まさに、名コンビですね。

001必要とされる場所.bmp

より 必要とされる場所で

 新聞は毎日 全国紙と地元新聞2に短時間目を通すのが日課になっていますが、見出しだけの場合がほとんどです。
 今日の新聞は、少し長く目を通す時間があり、私にとって
人間としての生き方に共鳴する記事が載っていました。それは
 「リレーオピニオン より 必要とされる場所で」です。
 ばりばりの優秀な銀行マンが43歳の時に父の幼稚園を継いでいくのです。その間 銀行での仕事の中で 「世間は広く、深い。奥行きが分かるものではない。逆に見えてきたのが自分の小ささであった。目の前にある仕事を誠実に取り組むしかないことに気づいた。」とありました。しかも今から大学にに必要とするものを学んでおられます。
 この記事を目にして、思わず最後まで目を通しました。
 この方は、まだ50歳の若さですが、これは、年齢に関係なく高齢者でもあてはまり、家庭内でも、地域でも、必要とされる場所はたくさんあるものです。微々たるものですが必要とされる場で生きがいを見いだしていく人生でありたいとつくづく思った次第です。



posted by ムッチー at 11:25| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。